「未分類」カテゴリーアーカイブ

ヨーグルト以外からの乳酸菌を摂取することについて

最近、乳酸菌が体に良いというのがよく知られるようになってきています。

私も、昔からお通じがよくなく、腸内環境を整えたいという気持ちから、乳酸菌入りの食材にとても興味があります。

最近見つけたのが、キムチにも乳酸菌が入っているものがあり、これがとても体に良いみたいです。

今まで、乳酸菌と言えばヨーグルトというイメージだったので全くの別物であるキムチからの乳酸菌というのはとても驚きました。

そして、家で食べてみることにしたのですが、特に酸っぱいということもなく、普段通り食べられるもので、これならば、手軽に食事の中に取り入れることができると思いました。

乳酸菌は、自分の思い付くところではヨーグルトだけだったので、家族があまりヨーグルトを好んで食べてくれないこともあり、これからはキムチからも乳酸菌の効果を期待して食べていけたら良いなと思います。

私は、ヨーグルトも好きなので、自分の好きなように、ヨーグルトからも、他の食材からも、腸活のために、乳酸菌を取り入れていきたいです。

https://blascaernarfon.co.uk

生理前でもお腹すっきり!便秘改善に乳酸菌を摂取するなら一緒にこれも!

高校生の頃からひどい便秘に悩まされています。
特に生理前になると、3日ほど全く出ず、便秘による腹痛と胃痛に悩まされるのが当たり前なほどでした。

更にそれが原因でニキビや吹き出物が顔にできて、本当に憂鬱でした。腸内環境に良いと言われる野菜や、便通に効きやすいコーヒーを飲んでも改善されない為、ここ数年は積極的にヨーグルト、キムチ、味噌などで乳酸菌を取るようにしています。

食物繊維の取れる物と乳酸菌の入った物を一緒に食べると便秘改善により効果的なので、納豆にキムチを入れる、味噌汁の具にはキノコやゴボウを入れるなど工夫しています。

特に朝ご飯のときに輪切りのバナナにヨーグルトをかけて食べると、朝からすっきりできる上に腹持ちも良いので1日頑張れます。

また、冬は実家で作っている手作りの米麹の甘酒を飲んでいるので、風邪も引きにくくなりました。

甘酒は、その独特の味が苦手な方も多いと思いますが、冷蔵庫で冷やしてレモン汁を少し入れて飲むとさっぱり飲みやすくなったり、ヨーグルトに混ぜて蜂蜜をかけて食べるとクセがなく食べやすくなります。

意識的にこのような食事をするようになってから、ひどい便秘に悩まされるのがことはなくなりました。

乳酸菌だけを取るより、食物繊維豊富な食材と共に摂取すると便秘改善効果が倍増。

どれもお手軽にスーパーで手に入る物を一緒に食べると、腸内環境も整い、ニキビ・吹き出物の改善、風邪を引きにくい体になります。

https://www.crablanding.com

年齢があがってきて容易に乳酸菌を身体に入れ続けら工夫をしています!

一度に大量のヨーグルトをとるのは、なかなか、難しいからです。健康であるために工夫して、乳酸菌生活を続けています。

ヨーグルトを食べない日は、ありません。
長い人生の中で、ヨーグルトを食べない日がなかったといっても過言ではありません。

62歳のおばあさんですから、なんと長い期間、乳酸菌を食べて生きてきたのでしょう。

若い頃は、ヨーグルトの一個や二個、食べるのは、たやすいことでした。
が、このくらいの年齢になりますと、なかなか、たくさんの乳酸菌をとるとなるとたいへんです。

ほかのものを減らさないと、すぐに満腹感を感じて、他のものが、食べられなくなるのです。

少食な方では、なくてもです。

そこで、工夫することを思いつきました。

朝は、グリーンスムージーに混ぜます。
昼は、生野菜のサラダにかけて、その上にえごまオイルとドレッシングを少しかかます。

夕食にも、生野菜のサラダに同じようにしていただきます。

夕食は、早い目にいただくので、夜、9時ごろになりますと空腹を感じます。

そこで、ヨーグルトに玉ねぎの薄切りを混ぜて、冷蔵庫にストックしておいてそれを納豆にかけていただきます。

甘いものが、欲しい時は、水切りヨーグルトを作り、手作りジャムをのせてチーズケーキのようにしていただきます。

一日中、乳酸菌を摂取するおかげで、夫も私も、アレルギー知らずです。

また、便通もよく、便秘知らずです。

肌も、なんのトラブルもないように思います。

おばあさんですから、誰よりも綺麗とも、若々しいともいうわけには、いきませんが、もっとこうありたいとも、おもわないです。

乳酸菌のおかげで、健康な生活を手に入れることが、できていると思っています。

これからも、この生活を続けていきたいとかんがえています。

http://nicorica.moo.jp/

便秘薬に頼らないで済むようになり自然に腸内環境を整えられました

私は、便秘気味の体質を変えたいと思って、便秘薬を飲んでお通じの改善をしていたときがあります。

ですが、便秘薬を飲むと、お腹が痛くなり便秘薬を飲む時間も考えておかないと、出先でお腹が痛くなることもあり、このまま便秘薬を続けるのは体にも良くないし、もっと違う方法を考えないといけないと思うようになりました。

そこで、自然にお通じを良くするために、腸内環境環境を整えることが大事だと考え、普段はコーヒーが好きなので、飲み物はコーヒーを飲んだりしていたのですが、飲むヨーグルトを外出中でも飲むようにしたり、普段の食事の中でも、ヨーグルトにフルーツを入れて食べたり、アイスを食べるのをヨーグルトに変えてみたりして、生活の中に取り入れてみることにしました。

そうすると、今まで便秘薬に頼っていたのが無くなり、自然にお通じが出るようになり、とてもお腹がスッキリするようになりました。

腸の調子が良くなったと感じますし、無理なくできることなので、これから長くできる腸活だなと感じました。

http://ginkgo.raindrop.jp

乳首の大きさに気持ちが沈みますよね。大人になっても悩み続けています。

わたしは、乳首が人より大きいです。
胸自体はBカップで、特別大きいわけではないのですが、乳首だけが目立ちます。

温泉などで他の人のバストと比べてみても、やっぱり大きく感じるんです。

乳首の大きさに気がついたのは、中学生のときでした。部活の合宿で一緒にお風呂に入った友達に、「デカイ」と言われたのがきっかけでした。

それからはからかわれることも多くて、とても嫌でした。

乳首が大きのはもちろんですが、乳輪部分も大きいので、余計に目立つのかもしれません。どうにか小さくしたいのですが、方法がわかりません。

バストを大きくしたり、黒ずみを消すアイテムは多くあるのに、わたしの悩みを解決してくれるものには、まだ出会えていません。

大人になってきて、さすがにからかわれることはありませんが、まだ少し他人の目が気になります。

毎日のお風呂でも、自分で確認するたびに落ち込んだ気分になってしまいます。

下着で擦れるのも原因なのかなと思い、最近では肌触りのよいものを選ぶようにしました。

http://hisense.oops.jp/

私が妊娠した時のヨーグルトによる便秘解消法のエピソードです。

ここからご記入ください。私は妊娠中にひどい便秘に悩まされていました。

もともと便秘質ですが、妊娠中は5日くらい出なくて、お腹が張って大変でした。

薬に頼る事は出来ないので、食事で何とかするしか無いと思い、ヨーグルトを毎日食べる事にしました。

ヨーグルトはだいたい朝食べてはいたのですが、ヨーグルトの種類を生きたまま腸まで届くプロバイオティクスが配合されているものにしました。

プロバイオティクスは、腸内細菌のバランスを整えてくれて、悪玉菌の増殖を抑えてビフィズス菌の増殖を助けます。

また、食後に食べるという事が効果的で、空腹時に食べると、胃酸の強さによりプロバイオティクスの善玉菌が死滅してしまうという事です。また果物などの食物繊維を含まれているものと一緒に食べることによって効果が増します。

私はバナナを混ぜて食後に食べていました。

すると続けるうちにだんだんと便秘が改善されていきました。

薬よりも自然の力で便秘が解消される、こんな良い事はありません。

食後のヨーグルトはデザートにもなりますし、私の日課になっています。

https://www.clitheroelancs.co.uk/